痛みに対する恐怖心が強い人にはフラッシュ脱毛がおすすめ

費用的にはとても体験しやすくなった美容脱毛ですが、それでも迷う理由があるとすれば、痛みに対する恐怖心が大きいのではないでしょうか。いくら輪ゴムで弾いた程度と言われても、体験する前は恐怖を覚えるのも当然です。人によって痛みに対する忍耐力も違いますので、口コミは参考にならないことがあります。
どんな方法にしても、脱毛は生えている毛を無理に引き抜いたり、なんらかのダメージを毛根に与えて生えなくしたりすることですから、まったく痛みがないということはありません。ただ、耐えられないほどの痛みであれば、誰もこぞって美容脱毛を行ったりしませんから、まずは試しに体験してみる、というのもひとつの方法です。意外にも痛みがなく、眠ってしまったなどという人もいるくらいです。
脱毛を体験する前に知っておいていただきたいのが、美容脱毛の種類です。選ぶ方法によって痛みの程度も異なりますので、痛みに対する恐怖心が強い人は是非その特徴を知っておいてください。現在行われている美容脱毛は主に4種類、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛です。レーザー脱毛はクリニックでしか行っておらず、ほかの3つはエステサロンなどでも受けることができます。それぞれ特徴を見ていきましょう。
最も痛みが強いと言われているのはニードル脱毛で、現在はほとんど行われていません。簡単に言えば、針を毛穴に差し込んで電気を流し、毛根を破壊する方法で、痛みが強く時間もかかります。とても乱暴な方法に思えますが、フラッシュ脱毛の前はサロンでの脱毛の主流でした。
次に痛みが強いと言われるのは、レーザーです。医療機器ですので出力が高く、効果は高いが痛みも強い、というのが特徴です。医師による施術になるため、費用も高額というデメリットがありますが、早く効果を得たい人には向いているでしょう。
ワックス脱毛は、粘着性のあるワックスを塗ってから一気に剥がす方法です。短時間で全身ツルツルにすることが可能ですが、残念ながらこの方法は永久ではありません。一時的にムダ毛処理をしたい人にのみ適している方法です。いかにも痛そうな方法ですが、痛みはそれほど強くないという声が大半です。
フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛の出力を弱くしたバージョンと考えていただけると良いでしょう。レーザーよりも時間がかかるものの、時間をかければ同じ効果を得られるのが魅力です。リーズナブルで痛みも少ないため、痛みに恐怖心が強い人にお勧めです。